株のやり方データベース

株にも投信にもそれぞれにメリットがあります。うまく使いわけやり方を覚えれば、投資に余裕が生まれ、幅もできます。違いを知るいい勉強にもなるでしょう。

「投信」とは投資信託の略称で、個人投資家のあいだでも、略称で呼ばれることが多いようです。

どういうものかというと、証券会社や信託会社に預けられたみなさんの資金を、資産運用のプロであるアセットマネージャー、またはファンドマネージャと呼ばれる人たちが、みなさんに代わって資金を運用してくれるファンドのことです。

ただし元本保証ではないので、必ずしも利益を出してくれるとは限りません。

預けた資金は、株式や債券、金融派生商品といった、いわゆる金融資産や不動産などに投資されます。

ファンドごとに商品化されていて、中には証券や不動産などいくつもの種類が含まれています。

株式投資は、通常自分の手によって売買しますが、投信は言ってしまえばプロ任せです。

預けた資金(投資された商品の)には、規約によって償還期限というのが最初に定められていて、たとえば「3年ものの×××ファンド」といった商品の場合には、開始から3年後に償還期限を迎え、運用益といっしょに指定した口座に戻ってきます。

通常、ファンド商品を購入するときに口座を開設しますから、その口座に入金されることになります。

投信のメリットは、先にお話ししたように「プロ任せである」ということと、金融商品や不動産など複数の商品が入ったパック型の商品であることから、一応のリスク分散がなされているという安心感があります。

デメリットは、償還期間が満了となるまで原則として現金化できないということ。

またパック型といっても自分で好きなように組み合わせできないこと。

株式のように自分で売買できないことです。

しかし株を中心に売買を行っている個人投資家の中には、株式で得た利益を投信に振り替えてプロに運用してもらい、そのあいだは残った別の資金で株の売買をするというやり方の人が多くいます。

ポートフォリオのような使いわけをするという意味と、投信は蓄財用の財布といったような位置づけにしているようです。

こうした使い分けや投資のやり方で、個々のメリットをうまく享受しているのです。

気になるサイト⇒http://dr-vazifehdoost.com/

Comments are closed.

株のやり方データベース - 株にも投信にもそれぞれにメリットがあります。うまく使いわけやり方を覚えれば、投資に余裕が生まれ、幅もできます。違いを知るいい勉強にもなるでしょう。.

Powered by WordPress using the theme Blog Curvo (by Sumolari).

Entries (RSS) and Comments (RSS).

Top